日本流の真髄 和のプロトコル
普通の人は なまじ知らないほうが良いかもしれない…。  日本史の底流にある「和のプロトコル」を今ここに公開!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/07(土)   CATEGORY: 本物
「伝統」と「和」を壊そうとする人たち
「和の精神」と「伝統」は常に一体である。「伝統」の中に外部から入ってきた文化などを「伝統」の中に取り込むことが出来るのも「和」の特徴である。いわば「和」は「伝統」と「外部の文化」を融合させるを得意とする。

古代であれば「稲作」からはじまり、後に「憲法」や「仏教」、中世であれば「鉄砲」をはじめとする「西洋文化」、明治維新は当然「西洋列強」の中での「蒸気機関」などをはじめとする、「文明」ではなおだろうか。

まるで外から流れてくる新しい風を古い森の中へ循環させるように、「伝統」の中に馴染ませていく。あくまで、自国の伝統を軸にしながら、新しいものを取り入れていくことは、他の国では真似できないものであろう。

しかし、ながら時が過ぎ、近代となり、段々とそれが変わってきはじめた。何が変わったのか、外の文化を取り入れるにあたり、伝統の軸が揺らぎ始めたのである。海外からの文化が入ってきすぎたためなのか、段々と伝統が失われてきつつあるのである。グローバルな世の中なのでは、伝統が失われていくのは仕方のないと言う人もいる。しかしどうであろうか。

私は決してそうは思えないのである。これこそ、今まで海外の文化を取いれ、伝統に循環させていた「和」がはたらかなくなっているのではないだろうか? それでは、この「和」は時代の中で勝手に壊れて言っているのだろうか、違う、長い長い年月の中でたった100年程度で勝手に壊れるはずはないのである。

これには「和」を壊している人物がいる。という事である、さてこれは誰なのだろうか、今回から数回シリーズでそういった小さなものから大きなものまで人物を検証していってみたい。
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 承認待ちコメント
| | 2013/02/01(金) 12:30 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2015/07/01(水) 14:50 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACK BACK
TB*URL
● -
2012/11/20(火) 04:04
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
Copyright © 日本流の真髄 和のプロトコル. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。