日本流の真髄 和のプロトコル
普通の人は なまじ知らないほうが良いかもしれない…。  日本史の底流にある「和のプロトコル」を今ここに公開!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/29(木)   CATEGORY: 本物
「和」が刃物と化す時
さて、今回は「和」についての恐ろしさを語りましょう。和というものは時として対象物を攻撃することがあります。「和」がどういう時に変貌するのでしょうか?

信頼関係を大切にする「和」にとっての一番の大敵は、やはり独裁者であります。独裁者的な人物が現れた場合、「和」はその人物に対してのみ攻撃要素をもつのであります。どのような方法で行われるのか?

「和」は「和」らしく恙無い方法で攻撃を行います。歴史上で言えば「暗殺」が多いですね。織田信長をはじめ歴史上で独裁体制をひこうとした人物は暗殺の憂き目にあっています。

暗殺とはいかなくても、必ず首座からは引きずり下ろされるわけであります。かつての日本の歴史で独裁者などが殆ど存在しないのはそのためであります。こうして日本はなにからも崩される事なく独自の文化が形成出来たのです。「和」が均衡を保ち発展の円滑材となったわけですね。

みなさん、覚えておいてください。このように、「和」にも攻撃性は存在するのです。

にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 日本流の真髄 和のプロトコル. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。