FC2ブログ
日本流の真髄 和のプロトコル
普通の人は なまじ知らないほうが良いかもしれない…。  日本史の底流にある「和のプロトコル」を今ここに公開!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/18(日)   CATEGORY: 本物
「和」の欠点その1
今日は「和」の欠点について述べていきましょう。欠点が今の日本では顕著に現れています。それは何故なのか?一番の大きな要因は何より国際社会になったことです。

その理由とは?国際社会になるだけで「和」の欠点が出てくるのでしょうか?それは文化の違いですね。みなさんご存知の通りこの場所ではいつも述べている事です。「和」は日本独特の文化であり、気風なのであります。では、逆に考えてみましょう。海外には「和」の文化は根付いて無いのです。また、あまりみられませんね。

そしてここに大きな欠点が発生します。「和」を中心として育ってきた日本人にとっては突然やって来た国際社会、文化の違いが「和」に通用しないのです。2人の人間いづれかが「和」のこころを持っていない場合はもちろん成立しません。

「和」のこころを持っていない人間は「和」の持つ良点であるやさしさ・おくゆかしさが通用しません。その時「和」の弱点である臆病・不安が強く現れてきます。日本には「相手の顔色を伺う」なんて言葉がありますがこれこそが日本人を表している言葉のなです。

臆病と不安を持っているから相手の顔色を伺う訳でありますね。1対1で対する場合「和」を持った人間はそうするしかないのであります。何故なのか?



にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 日本流の真髄 和のプロトコル. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。