日本流の真髄 和のプロトコル
普通の人は なまじ知らないほうが良いかもしれない…。  日本史の底流にある「和のプロトコル」を今ここに公開!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/08(木)   CATEGORY: 本物
倭と和
読書好きの私はよく井沢元彦氏の「逆説の日本史」を読んでいる。彼の本は大変興味深く私の愛書となっている。この本の中で「和」を題材にした関連が取り上げられている。

かつて日本は「倭国」と呼ばれており、井沢氏はこの倭こそが和と読み変えられ和を示すものだといっている。このフレーズを読んだ時、この意見に深く共感を覚えた。。

日本には古来より言霊というものがあり、言った言葉には魂が宿るという。和という言葉自体がそういった言霊信仰に当てはまっているのであれば、国自体が「和」を表しまた至るところに日本流の真髄があったのではないだろうか?

このような話に私は浪漫を感じてしまいますが、みなさんはどうですか?

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 歴史ブログへ

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 日本流の真髄 和のプロトコル. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。