日本流の真髄 和のプロトコル
普通の人は なまじ知らないほうが良いかもしれない…。  日本史の底流にある「和のプロトコル」を今ここに公開!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/04/22(火)   CATEGORY: 日本神話
神様家族と「和」の真髄!!
今日は前回の神話から。。。スタートです。
日本の島々が生まれた後、最初に生まれた神々は家にまつわる神々でありました。家にまつわる。。。物語の中ではこれだけで終わってしまうワンフレーズですが、ここに真髄が隠されているのではないでしょうか?

家と言うものは、草木や花、また火や水等の自然に存在するものではなく造られたものであります。自然の神々よりもまず先に家に関する神々を生んだ理由はなんだったのでしょうか?

それは一番大切にするべきものは家でありさらに言うと家族であり、それを大事にする事を解いているのではないでしょうか?

イザナギ神とイザナミ神ははじめての夫婦神であり、二人から神々の子供達が生まれていますね。当然二人が生活する為、また子供達のためにも衣食住の確保は必要かつ必然と考えられませんか?

だからこそ家にまつわる神々から生まれているのだと思います。そして家(家族)の絆を大切にすることを伝えていると思います。「和」のプロトコル。。。もっと言えば神でさえ絆を大切にしていると言うところです。

どんな人でも一人では生きられません。そして自然の中ではもっと絆を大事にする事が必要となりますね。バラバラでなく協力しなければすぐに全滅してしまいます。神話時代からの「和」のプロトコル。最初の神生み場面にもすでに隠されているのです。

みなさんはどう考えますか?毎日の生活や事柄には色々な真髄がありますね。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 日本流の真髄 和のプロトコル. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。