日本流の真髄 和のプロトコル
普通の人は なまじ知らないほうが良いかもしれない…。  日本史の底流にある「和のプロトコル」を今ここに公開!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/04/06(日)   CATEGORY: 本物
本物の「和」と桜
今一番良い時期になりましたね。日本の桜。昨日、宇治に夜桜見物に行ってきました。轟々と流れる宇治川の辺に咲く桜の美、散って川の流れに乗っていく花びらの美。昼夜どこにでも同化し鮮やかながらも、近しい存在である桜。奢りかもしれないが、世界のどんな花よりも美しい。

眼を閉じて宇治川の流れに耳を傾けているとこころが暖かくなってくる。春と言えば桜の季節。昔から和歌の中にも詠みこまれたり、千本桜のある吉野は南朝の御所があり、鴨川の桜も貴族や武士、庶民までが桜を楽しんだと言われている。優雅な中にも「和」が見て取れますね。また、遠山の金さんの桜吹雪など時代劇等でもやはり桜が出てきますね。

桜の下には、いつも多くの人が集まる。今でこそただ、飲んで騒ぐだけになってしまい桜から見つける「和」は少なくなってしまったが、古来より桜の下に人が集まっており、和のこころがそこに深く根付いて我々を惹きつけて来たのではないだろうか。そしてこの桜こそが、長い日本の歴史の国で「和」と近い位置にあるものなのではないだろうか。みなさんは桜、もう見ましたか?また何を感じますか?

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
人気ブログランキングへ
桜と和


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 日本流の真髄 和のプロトコル. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。