日本流の真髄 和のプロトコル
普通の人は なまじ知らないほうが良いかもしれない…。  日本史の底流にある「和のプロトコル」を今ここに公開!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/10(土)   CATEGORY: 生活と「和」
言葉と「和」2
今日は昨日の続きから。言葉の中に隠されている「和」は方言にあります。何年かに一度は方言ブームがやってきますね。方言を用いた歌もよく出てますしね。

これは県民性に通じるものだと思います。その地域により少し違った言葉を使用することにより地域ごとの絆と「和」が大きくなるものでありそこに根付いていきます。

日本というのは郷土・集落が集まり大きくなった国であります。またそれを強くつなげることが出来るのが方言であり共有出来る日本流の「和」だと思います。

みなさんは方言大事にしてますか??
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/07(水)   CATEGORY: 生活と「和」
平仮名と「和」
日本の「和」を語る上で私は最も感銘を受けたものは平仮名の存在だと思います。平仮名は我々になじみの深いものであり、この平仮名にこそ日本流の真髄が現れてると思います。みなさんは平仮名についてそんな感じ受けたことありますか?

古来、大陸より伝えられた漢字は日本に文字という文化をもたらしてくれました。それは日本にとって大変画期的であり、且つすばらしいものでした。最初は一文字で音訓の両方の意味がありそれをうまく受け入れて対応していました。しかしこの漢字、非常に使いづらいのが現状だったと思います。

そこで、漢字を受け入れつつ改良し新しいものを作り出し、出来上がったのが平仮名だと思います。日本流の真髄が発揮され、ここに平仮名が誕生するのですね。漢字を覚えるだけでも大変な作業ですからね。

そして、最初は女性が中心となり平仮名を使用し、それがそのうちに多くの人々に使われる様になっていきます。平仮名が多く早く広まった理由は女性のやさしさだと思います。
ここに「和」のプロトコルを感じることが出来ますね。

我々の身近にあるものは「和」を感じることの出来るものばかりだと思います。みなさんはどう思いますか?

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/04/30(水)   CATEGORY: 生活と「和」
引越しと「和」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当浜地です。今日のテーマは「引越しをしたことありますか?」です。4月も後半にさしかかり、新しい生活になった人も少しは慣れてきた頃でしょうか。^^友達にも引越しをした人がいて、私と家が近くなったおかげでほぼ毎日家に遊びに行ってます☆あたしも、かれこれ5回ぐらい引っ越し�...
FC2 トラックバックテーマ:「引越しをしたことありますか?」



今週は身近な「和」を書いて行きたいと思います。今回は引越しについてです。私ゼロも3月に心機一転引越ししてみました。引越し業者を利用し引越しするのではなく自分の力で引越しすることにしました。仲間達の力を借りての引越し作業です。

今の時代簡単で早く引越しが出来る時代、しかし自分達の手で汗をかき作業をする、これは大変疲れますが楽しく日本流の「和」を強く感じる事が出来ますよ。引越しはこころも体も新しくなり何か新しい事がしたくなるものです。

仲間達と同じ時間を共有し協力して一つの事をする、また大事に出きるものがあることは大変嬉しいものです。日本流の真髄、「和」のプロトコルはここに強く感じる事が出来ますね。

みなさんの引越しは何が目的ですか?立地条件?生活環境?それとも「和」を確かめる為ですか?
人生の中で引越しする回数はとても少ないと思います。みなさんも感じてみませんか?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/04/29(火)   CATEGORY: 生活と「和」
シルバーシートと「和」
みなさんは阪急電鉄シルバーシートが戻ったのはご存知ですか?今日はそんなはなしから「和」を考えて見ますね。

賛否両論この問題に対してはあると思いますが私は弱いものを護ることは必要だと思います。また、その席を設ける段階ですでに「和」というキーワードは見られますね。

相手を思いやり調和を大事にする事、また護らなければいけない人達を優先的に考える事、これこそが「和」の真髄だと思います。

近年、若者と年配者のコミュニーケーション等が身近な生活から会社の中まで失われつつあると思います。また本来そこにある伝承や伝達が乏しくなり分離した社会構成が出来ているようにも思えます。かつての日本であればそのような事は無く、自然とそのような場所や空間が出来ていた様に思えます。

私達のこころの中にある「和」、気付いていませんか?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 1970/01/01(木)   CATEGORY: 生活と「和」
平仮名と「和」
日本の「和」を語る上で、私が最も感銘を受けたのはひらがなの存在です。みなさんはひらがなにそんな思い感じたことありますか?

意識せずに日常使っているひらがな、みなさんなじみ深いものですが「和」の真髄を述べるにはふさわしいものですね。大陸から伝わってきた漢字は日本に文字という文化をもたらしてくれました。それは日本にとって大変画期的でありすばらしいものでした。

しかし、この漢字はそのままでは非常に使いづらく不便でした。そこで日本流の真髄を用い受け入れ改良し平仮名を作ったのですね。

漢字は一字で音訓の意味を持ち合わせこのれらの組み合わせを考えると日本流ではなかったのです。
また、覚えるのも大変ですね。多くの人々が困る中で出来上がったのが平仮名だと私は感じてます。

そして最初は平仮名は女性から広がり、そのうちに多くの人々に使われるようになったのではないでしょうか?

また、平仮名が広まった理由には女性の持つやさしさ、強いては「和」のプロトコルがあったから出来たのではないでしょうか?身近にあるものには「和」を感じないものはありませんね。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 日本流の真髄 和のプロトコル. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。